QLOOKアクセス解析

自宅から自動車学校に通う場合

どれだけ強い願いがあっても、道路を走るためには運転免許を取得する必要があります。


運転免許を取るためには、自動車教習所において卒業検定に合格して、その後実地試験免除で免許センターにおける筆記試験に合格するか、運転免許試験場において実技試験を直接受けて合格し、その後筆記試験に合格する方法もあります。


一般的に、初めて自動車を運転する方は自動車教習所に行くことを選択します。運転免許試験場でいわゆる1発合格を目指すのは、これまで免許を持っていたものの失効してしまった方など、運転にかなりの自信がある方です。


それ以外の場合は確実に技能を磨いて行って実地試験免除を得る方が望ましいと言えます。とにかく免許を取るために、法律の定めることなどは度外視して自動車学校に身を預けることで確実に免許取得に近づいていくことができます。


通学型の自動車学校の場合、自宅から通えるので、空いた時間に行って着実に進んで行くことができます。しかし「いつでも行ける」ということが仇となって、また明日という具合に先延ばしにしてしまって、結局運転免許の取得までにかなりの期間をかけてしまう例もよくあります。


さらに自動車学校側の都合で、忙しい時期などはとくにやる気があってもなかなか配車の都合で予約が取れず、思うように所定のカリキュラムを履修することができないという悩みもあります。


いままとまった時間があって、集中的に進めていきたいという方にとっては、通学型の自動車学校では物足りないと思います。まとまった時間を確保できる方におすすめなのは合宿免許学校です。


合宿なら「早くハンドルを握りたい」という願いを叶えることもできます。合宿の場合は、申し込む時点である程度卒業の日が見えています。


もちろん追試などによって遅れることがあるとは言え、自分自身の怠惰や学校側の車の都合などによって予定が大幅に遅れることはありません。


学校側もできるだけ早く生徒を送り出して回転率を上げることが助けになるので、まさに両者にとって都合のいいシステムです。まずは合宿免許について調べてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ