QLOOKアクセス解析

何故免許合宿の方が早く免許を取れるのか

日本という国で「18歳」というキーワードから連想されるもの...それはやはり「車の運転免許を取得できる年齢」が真っ先に出てくるのではないでしょうか。


車に乗れるようになると行動範囲が一気に広がりますし、友達とのレジャーなんかも色んなことが出来るようになります。友達同士であてもなく気ままにドライブするだけでも楽しいものです。


そんな大人への階段を一歩登ったような気分にさせてくれるもの、それが「普通自動車運転免許」ではないでしょうか。18歳になったらすぐにでも免許を取って車を運転したい!早くハンドルを握りたい!と思っているあなたへ。


大まかに分けて免許の取得方法は3通りです。一つは「飛び込み」や「一発試験」というもの。これはおそらく皆さんには関係のない受験方法だと思いますので割愛させていただきます。


残りの二つがおそらく最も一般的であろう、「教習所に通う」方法と「免許の合宿に行く」方法です。


別にどちらの方がいいというわけではないのでご自分のライフスタイルに合った方を選べばいいのですが、どうしても早く免許を取りたい!というのであれば、間違いなく合宿の方をおすすめします。


技能や学科を受ける時間の長さは教習所に行っても合宿に行っても同じです。自動二輪の免許を持っていれば学科がほぼ免除されるので早いですが、そうでない人は


・MT...技能34時間/学科26時間

・AT限定...技能31時間/学科26時間

を受けなければいけません。MTで最短16日、AT限定なら最短14日で取得できる計算です。


ただし、この最短時間というのはあくまでもスムーズに教習を受けられた場合の話です。教習所ではたくさんの人が自動車の教習を受けています。


その大勢の人と数台の車を分け合うわけですから、当然「予約」というシステムがありまして、これがまたなかなか空いていないのです。


一般的には教習所を卒業するまで、早くて3ヶ月はかかるといわれています。しかしこれが合宿だと丸一日教習を受けることが出来ますので、上記の最短時間で取得可能、というわけなのです。


3ヶ月も待てない!早く車に乗りたい!という人は免許合宿へ行くことを視野に入れてみてはどうでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ