QLOOKアクセス解析

普通運転免許の取り方

では普通自動車運転免許を取るぞ!と意気込んだところで、皆さんはどうやって免許を取得しますか?最終的には学科試験を受けて、それに合格すれば免許がもらえるのは皆さんご存知かと思います。


技能はどうでしょうか。実は大きく分けて3つの方法があります。


まず一つ目は「一発試験」と言われる方法です。「飛び込み」とも言いますね。皆さんもご存知かと思います。早い話が、「学科試験を受ける警察署で技能試験も受ける」という方法ですね。ぶっちゃけた話、最も早く免許を取得できるのはこの「一発試験」です。最短10日前後です。


しかしこの一発試験、車を運転したことがない人が受かるものではありません。一発試験を受ける人の大半が「うっかり」で免許の更新を忘れて失効してしまった人や、交通違反・交通事故等で免許取消し処分となってしまった人等、いわゆる「経験者」の為の方法と言えるでしょう。


いきなり仮免の学科と技能の試験なので、未経験者では話にならないのです。もしあなたが無事に免許を取得したとして、何らかの形でそれを失効や取消しになった時に検討しても良い程度に留めておきましょう。


さて、本題です。二つ目は最も多い方法であるでしょう、「自動車教習所に通う」方法。三つ目が早く免許を取りたい人におすすめの「免許を取る為に合宿へ行く」方法です。


どちらも内容は一緒です。規定数の時間の学科と技能の講習を受け、検定を受けて合格すれば卒業。そして終了証を持って試験場へ行き、そこで学科試験を受け、合格すれば晴れて免許取得、という流れです。どちらとも確実に免許を取るための最良の選択と言えるでしょう。


では教習所に通うのと合宿に行く事の何が違うのか。何故合宿に行ったほうが早く免許が取れるのか。それは「合宿に行けば一日のほぼ全ての時間を講習に使える」という点ではないでしょうか。


言い換えれば「短期集中」ですね。もちろん仕事や学校が休めない等、皆さんのライフスタイルによってどちらかを選べばいいのですが、一刻も早くハンドルを握りたいのであれば迷わず合宿を選びましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ